Jリーグを観戦しました。

8月11日は、サッカーJリーグ「東京ヴェルディ1969対ロアッソ熊本」を見に、味の素スタジアムへ行きました。
「ユニコムプラザさがみはら」に登録している「NPO法人 車椅子の会サイレントフット」が提供する試合を見に行ったのです。

キックオフ30分前にホーム自由席に入ると、ちょうど「車椅子の会サイレントフット」の佐藤代表の挨拶、というアナウンスが。
挨拶のあと、観客席の応援団の皆さんが太鼓に合わせて「サイレントフット! サイレントフット!」とエールを送っていたのには感動しました。
試合中は、自分も手拍子でたっぷり応援しました。

東京ヴェルディは果敢に攻めますが、シュートを連発しても全然入りません。
「ここまできたら、点の入ったときの応援歌を聞いてみたい」と祈るような気持ちで見ていましたが、試合終了まで5分を切った時点でヴェルディがついにゴール、1-0で勝ちました。

ともあれ、久しぶりのJリーグ観戦、充分楽しめました。
佐藤代表をはじめ「車椅子の会サイレントフット」の皆さん、お疲れさまでした。

国際交流センターでの勉強会

つづけるプロジェクトの桑田です。
去る7月20日に、町田国際交流センターでの勉強会で「外国人相談に必要な起業の考え方について」というテーマでお話しをしました。

通訳ボランティアの皆さんを対象とした勉強会です。
近年の外国人相談は、在留資格の心配のない外国人相談者から、住民としてのさまざまな相談が寄せられます。在留資格のみの相談はむしろ減っているといえるでしょう。

今回は、まず外国人相談者に限らず、日本人ボランティアの皆さんにも「起業の考え方」を身近に感じてもらった上で、実際に外国人相談者からの起業相談をテーマにお話しをしました。
皆さんに熱心に聞いていただき、90分でお話しする予定が15分以上も過ぎてしまいました。

このような機会を与えていただいた町田国際交流協会様には感謝いたします。引き続き、「資金の考え方」を中心に、市民活動やソーシャルビジネスに必要な考え方について、お伝えできればと思っております。

留学生のための就職ビザセミナー

つづけるプロジェクトの桑田です。
来たる7月26日、「留学生のための就職ビザセミナー」を開催します。

外国人留学生が日本企業に就職しようとする場合、必要なのが「ビザの手続き」です。
将来日本企業への就職を考えている留学生向けに、日本での生活を「つづける」ためにも、「就職ビザに関する研修会」を開催します。

「留学生のための就職ビザセミナー@相模原」
【日時】2017年7月26日(水) 18:15~19:45
【場所】ユニコムプラザさがみはら 「実習室2」
小田急線「相模大野(さがみおおの)」駅から歩いて3分(デッキ直結) 3階にお越し下さい
(神奈川県相模原市南区相模大野3-3-2 ボーノ相模大野サウスモール3階)

【講 師】 桑田優(行政書士、留学生教育学会会員)
【対象者】 1,日本企業に就職を希望する、外国人留学生 2,関心をお持ちの一般市民の方
【参加費】 無料 定員20名
【申込み】7月25日までに、jklive@mbp.nifty.comあてメールで
タイトルを「セミナー申し込み」と書き、本文に「氏名、国籍、学校名、学部・学科、学年」、一般の方は「氏名、所属、連絡先」を書いて申し込んで下さい。
電話(042-444-6055)でも申し込みができます。

活動場所に調布市を加えました

つづけるプロジェクトの桑田です。ごぶさたしております。

2017年5月に、行政書士事務所を東京都調布市に移転いたしました。
つづけるプロジェクトの活動場所も、ユニコムプラザを拠点とした「相模原市・町田市」に加え、調布市を拠点とした多摩地区の京王線沿線にも拡げることになりました。

もっとも、すぐに活動地域がひろがるのではなく、関心を持つ地域が「相模原市・町田市~神奈川県中部(小田急線沿線)」および「調布市~東京都の多摩地区(京王線沿線)」にひろがる、ということになります。
調布市は、市民活動への関心も高いようなので、楽しみです。

相模原市民桜まつり

今日は冷えましたね。明日4月1日も気温が低そうです。
でも相模原の4月と言えば、「相模原市民桜まつり」です。
相模原市役所前の会場に、さまざまなお店や市民活動のテントが目白押し。パレードも開かれます。
相模原のよさこいチーム「躍動」も、毎年さくら祭りに参加しているので楽しみです。

「まちづくり」について考える。

「まちづくり」への支援について考えてみました。

まちづくりには「コミュニティをまとめる・育てる・強くする」という側面がありますね。
「地域通貨」などは、コミュニティーのつながりを強くするためのツールとして関心をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

まちづくりにはこれだけではなく、「外から情報を・関心を・人の流れを・そしてお金を呼び込む」という側面も大切です。
「つづける」ためには、コミュニティー内で完結するだけではなく、やはり外から(市町村外から)人の流れやお金を呼び込む必要があると考えます。

そして、外から呼び込むことについては「よそ者」の自分にもお手伝いできそうです。

*写真は、桜の名所・中央本線勝沼ぶどう郷駅です。

シェアードオフィス利用者交流会

つづけるプロジェクトの桑田です。
前回の投稿から1か月以上…この間、お手伝いしている「町田国際交流協会」で、つづけるプロジェクトの活動アピールをしたりしていました。

つづけるプロジェクトとして登録している「ユニコムプラザさがみはら」では、毎月1回「シェアードオフィス利用者交流会」を開催しています。1月25日に久しぶりに参加してみました。シェアードオフィスに登録している団体や、大学関係の方からまちづくりに関するいろいろな情報を得ることができます。こちらも情報提供をすることができ、有意義な時間を過ごすことができました。

綾瀬イルミネーションよさこい

img_3034

明日12月3日は、神奈川県綾瀬市で「綾瀬イルミネーションdeよさこい」が開催されます。
神奈川県のよさこいチームが多数集結、イルミネーションイベントを盛り上げます。
よさこいチーム「躍動」も参加します。仮装した状態での演舞もあるとか!?
暖かくしてお出かけ下さい。

町田夢舞生ッスイ祭

11月6日は、町田駅周辺でよさこいイベント「町田夢舞生ッスイ(きっすい)祭」が開催されます。
よさこいチーム躍動はもちろん、「相模らんぶまる」さんはじめ多くのチームが参加します。

個人的には、町田のこのお祭り、東京のよさこいイベントの中では「表参道元氣祭・原宿スーパーよさこい」に次いで観客数が多いのではないか、と思っています。

「キラリまちだ祭り」というイベントの一環で開催されるものですが、「農業・産業フェスティバル」というだけあって、町田産の名品がずらりと並ぶ屋台も見逃せません。お天気も良さそうなので、ぜひお越し下さい。
町田夢舞生ッスイ祭のサイトはこちらです。