相模原市民桜まつり

今日は冷えましたね。明日4月1日も気温が低そうです。
でも相模原の4月と言えば、「相模原市民桜まつり」です。
相模原市役所前の会場に、さまざまなお店や市民活動のテントが目白押し。パレードも開かれます。
相模原のよさこいチーム「躍動」も、毎年さくら祭りに参加しているので楽しみです。

「まちづくり」について考える。

「まちづくり」への支援について考えてみました。

まちづくりには「コミュニティをまとめる・育てる・強くする」という側面がありますね。
「地域通貨」などは、コミュニティーのつながりを強くするためのツールとして関心をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

まちづくりにはこれだけではなく、「外から情報を・関心を・人の流れを・そしてお金を呼び込む」という側面も大切です。
「つづける」ためには、コミュニティー内で完結するだけではなく、やはり外から(市町村外から)人の流れやお金を呼び込む必要があると考えます。

そして、外から呼び込むことについては「よそ者」の自分にもお手伝いできそうです。

*写真は、桜の名所・中央本線勝沼ぶどう郷駅です。

シェアードオフィス利用者交流会

つづけるプロジェクトの桑田です。
前回の投稿から1か月以上…この間、お手伝いしている「町田国際交流協会」で、つづけるプロジェクトの活動アピールをしたりしていました。

つづけるプロジェクトとして登録している「ユニコムプラザさがみはら」では、毎月1回「シェアードオフィス利用者交流会」を開催しています。1月25日に久しぶりに参加してみました。シェアードオフィスに登録している団体や、大学関係の方からまちづくりに関するいろいろな情報を得ることができます。こちらも情報提供をすることができ、有意義な時間を過ごすことができました。

綾瀬イルミネーションよさこい

img_3034

明日12月3日は、神奈川県綾瀬市で「綾瀬イルミネーションdeよさこい」が開催されます。
神奈川県のよさこいチームが多数集結、イルミネーションイベントを盛り上げます。
よさこいチーム「躍動」も参加します。仮装した状態での演舞もあるとか!?
暖かくしてお出かけ下さい。

町田夢舞生ッスイ祭

11月6日は、町田駅周辺でよさこいイベント「町田夢舞生ッスイ(きっすい)祭」が開催されます。
よさこいチーム躍動はもちろん、「相模らんぶまる」さんはじめ多くのチームが参加します。

個人的には、町田のこのお祭り、東京のよさこいイベントの中では「表参道元氣祭・原宿スーパーよさこい」に次いで観客数が多いのではないか、と思っています。

「キラリまちだ祭り」というイベントの一環で開催されるものですが、「農業・産業フェスティバル」というだけあって、町田産の名品がずらりと並ぶ屋台も見逃せません。お天気も良さそうなので、ぜひお越し下さい。
町田夢舞生ッスイ祭のサイトはこちらです。

ちょい呑みフェスティバル

先週(10月26日)、相模大野ちょい飲みフェスティバルというイベントに参加しました。
「ちょい呑みフェスティバル」は、3枚2500円のチケットを購入し、賛同する地元の飲食店でチケットを使いながら、ドリンク1杯プラススペシャルメニューを楽しむというイベントです。

「ユニコムプラザさがみはら」のシェアードオフィス利用者のグループで参加しました。
相模大野の商店街「大野銀座」にあるイタリアンのお店に入ったのですが、ドリンクはビールやグラスワインなどが選べ、あわせて出てきたペンネも量が多くて味も良く、とても良かったです。

ところで、ちょい飲みフェスティバルに参加するお店の立場から考えますと、やはりリピーターになって欲しいということでしょう。
今度はパスタを食べに立ち寄ってみたいと思います。

さがみはら地域づくり大学

 今年8月より、まちづくりのための連続講座「相模原地域づくり大学」が開催されています。
 現在、基礎コースと応用コースが開講中です。個人的には「つづけるプロジェクト」として登録している「ユニコムプラザさがみはら」が会場となっているので、基礎コースを受講しています。

 基礎コースでは、行政と市民・企業の協働、相模原の歴史と文化、コミュニケーション・企画立案・プレゼンテーション・さらに組織と資金に至るまで、多彩なテーマで学ぶことができます。
 今のところ「協働」と「相模原地域の歴史・文化」についての講義がおわったのですが、とくに相模原地域の歴史・文化と相模原市の財政をテーマにした講座がとても興味深いものでした。

 基礎コース・応用コース共に若干空きがあるようなので、今からでも申込みができそうです。また、地域づくり大学は来年以降も続くようなので、興味があればぜひ参加してみて下さい。

 さがみはら地域づくり大学のサイトはこちら

「まちづくりフェスタ」に参加しました

img_0155

「つづけるプロジェクト」の桑田です。
きのう10月16日、相模大野にある「ユニコムプラザさがみはら」で開催された「まちづくりフェスタ」に、出展者として参加しました。

初めての参加でしたが、小さなお子さんを連れたご家族など、来場者が多くて賑やかでした。
「つづけるプロジェクト」は、活動紹介コーナーにテーブルを出しましたが、隣のテーブルは建築士協会の皆さんでした。
建築士協会のブースには「大きなゴーグルをつけて、モニターに映し出された3Dの家屋の中をバーチャルで動き回る」というコンテンツがありましたが、これが大人気でした。
こちらのテーブルでは、順番待ちの子どもさんに「仮面ライダーエグゼイド」をせがまれて、タブレットパソコンから検索して仮面ライダーエグゼイドの画像を見せる羽目に……。

今回の出展は、他の出展者に挨拶することが主な目的でしたが、予想以上の収穫がありました。
まだ活動を始めたばかりです。地元のいろいろな人と話してみようと思います。

「つづけること」への支援

img_3482

近年、開業講座・創業講座など「事業を立ちあげようという人」に対する創業支援が花盛りですね。
創業で一歩踏み出すのは大変なことなので、このような支援が増えるのはよいことです。ただ、始めることも大変ですが「事業を続けること」も同じように、といいますか、より一層大変なのではないでしょうか。

「つづけること」への支援の大切さは、起業だけでなく、地元の自治会・町内会、サークル、NPO団体などの非営利団体でも同じだと思っています。
そこで「つづけるプロジェクト」というグループ名で、自治会・町内会、サークル、NPO,コミュニティビジネスに至るまで、「つづけること」への支援を行おうと考えました。

とはいいましても、まずは地元で活動している人たちに挨拶することから始めたいと思います。
相模原のよさこいチームの応援もしたいと思っています。